fc2ブログ

「好きな音はなんの音?」

トラックバックテーマ 第1332回「好きな音はなんの音?」

このトラックバックテーマを見て、筒井康隆さん「にぎやかな未来」という短編小説を思い出しました。
街中にはCMがあふれ、何処にいても何らかのCMが聞こえてくる。耳を塞ぎたい様な毎日。
家にいる時だけ何とか静けさを保てていたものの、家にいる時はTVを点けなくてはいけない法律が出来た。TVはずっとCMが流れている。レコードをかけている時だけはTVを点けなくても良いと言う特例があって、主人公はレコードを求めて街へ。
無料で配っていたチョコレートのレコードは、TV以上のCMが。安いクラッシクレコードは30秒おきにCMが。そして、凄く高価なレコードを見つける。店主に、このレコードには何が入っているのか聞くと、「このレコードには何の音も入ってないんです。」
なんて内容だったかな?


静けさはお金を出して買う時代、というのは今の世にもけこうあるかもしれません。
「にぎやかな未来」は40年前の作品みたいですね。当時もそんな世の中だったんでしょうか?


意外と好きな音として、水の中で気泡が浮き上がるボコっという音です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

水琴窟のような音ですかね。
後、自然界の音、鳥のさえずりとか川の流れる音とか。

はじめまして

トラバ経由で来ております。
「にぎやかな未来」懐かしいですね。
その話は静寂がもっとも高価ってオチでしよね。
あの本の中では「腸はどこへ行った」も印象に残っています。
確か、腸がメビウスの輪の状態で、
主人公がトイレの大を長いことしてないのに気づき、
腸を元に戻したら、4次元からウンチが出てきて
家がつぶされるような話でしたよね。
どうも失礼しました。

ジュリアルーシュさん

川の流れる音とか、海の波の音とか、ずっと聞いていると不思議と音が気にならなくなりますね。これもけっこう好きな音ですが。

パンとぶどう酒さん

コメントを読んで思い出しました。叔父さんが整体師かなんかで、お腹を処方してもらってそうなるんだったかな?
姉が筒井康隆が好きでけっこう短編集を持っていたから、勝手に借りて読んでました。

こんばんは

>叔父さんが整体師かなんかで、お腹を処方してもらってそうなるんだったかな?

=すいません、私も読んだのがかなり昔なもので
印象に残ってる場面しか思い出せないです。
どうも失礼しました。

パンとぶどう酒さん

同じく読んだのが随分前で記憶が曖昧ですけどね。
プロフィール

気界

Author:気界
日々のつぶやきなど普段感じたこと思った事やった事を書いています。ツッコミヨロシクです

リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: